マジックショウ

台風4号:県内きょう接近 先月大雨、仮設浸水 被災者、募る不安
仮設住民ら「また避難か」 地盤沈下浸水の恐れ 台風4号


去る6月12日。
仮設団地の談話室にてマジックショウが行われた。
広島と仙台のYMCAが企画したモノで、
昨年の避難所時代から、被災地を回っておられるそうだ。

こうした、娯楽支援が後を絶たないのは、
普段、部屋に篭りきりの高齢者の方々には、
さぞ、憩いの時間となっただろう。

マジックショー

マジックは、とても本格的なモノで、
風船を飲んだり、フォークを粘土の様にクチャクチャに曲げたり、
近くで見ても、種が判らなかったそうだ。

マジックの様子

マジックの様子

こうした、娯楽支援と並行して、
進まねばならないのは、地域の復興、雇用の復興だが、
これについては、まだまだ時間が掛かりそうだ。

集合写真

6月20日に東北に接近した台風4号は、
その被害こそ少なかったが、
津波で防潮堤が破壊された地域は、
満潮も重なり、浸水被害が後を絶たない。

一日も早い復興が、待たれるところである。

Advertisements

Comments are closed.