Monthly Archives: September 2013

石巻のムール貝

被災地から復興の便りが届いた。
復興といえども、ほんの半歩である。
しかし、その半歩の積み重ねが、大きな飛躍になる。

届いたのは、東松島や石巻で採れたムール貝である。
ムール貝は収穫した際、貝を岩などに固定する足糸(そくし)というモノが、
着いている。
この足糸、徐々に新しい糸を伸ばすことで海中を移動することが出来、
まさに、足のような役割をするのだという。

ムール貝を出荷する際、それを取り除くのに、大変な手間がかかるのだが、
東松島の宮沢賢治氏が、足糸除去装置を発明して、
出荷の効率化に貢献したという。
恵みの海が、新たな人間の知恵を生んだ、素敵な事例である。

このムール貝、生と冷凍で取り扱われているという。

DSC_0105

DSC_0106

サンプルとして頂戴したのは、冷凍ムール貝12杯入2袋。
ワイン蒸しにすると美味だという。

東北の味、ぜひ堪能いただきたい。

宮城県産 活ムール貝      バラ10Kg or 5kg 300円/Kg
宮城県産 殻付蒸しムール貝  1kg 10入 600円/kg or 500g 12入 300円/杯

お問い合せは、本田水産株式会社まで

本田水産
http://www.hondasuisan.com/index.html

復興デパートメント
http://fukko-department.jp/ishinomaki/1.html

仮設住宅 現場と課題

東松島市の上下堤応急仮設室の談話室に、
国会議員や東松島市議会委員、仮設住宅の住民などが集まって、
今後について話し合われた。

真っ先に問題になったのが、
五年後に完成予定の復興住宅についてだ。
現在、仮設住宅に常設されている冷暖房やガスコンロ等は、
復興住宅には常設される予定がなく、
現在住んでいる仮設住宅からの移設も出来ないとのことだ。
その後、仮設に設置されたそれらの機材は、
廃棄されてしまう。

また、新たに自分で住宅を建てようとしている方々に
補助金がおりるものの、消費税の増税で、
補助分が相殺されてしまう。

どうにか、良い改善策はないか。
等が話し合われた。

長引く復興住宅の建設で、課題はこれからも山積していきそうだ。

また、放射能汚染魚の問題などにも話が及び、
今後も、復興に向けて気の許せない状態が続いている。

Exif_JPEG_PICTURE

右側から
自由民主党青年局長代理 
参議院議員 熊谷大(くまがいゆたか)氏

経済産業委員会理事 自民党青年局次長 参議院自民党政策審議会副会長
自民党経済産業部会長代理 自民党国土交通部会副部会長 
参議院議員 岩井茂樹 氏

静岡県議会議員 佐地茂人氏

自由民主党静岡市静岡市部
青年局 西谷陽祐氏

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE