災害公営住宅の見学会

東松島市で、災害公営住宅の見学会が行われた。

災害公営住宅外観

津波で家を失くし、仮設住宅で暮らす被災者の方々が住むための住宅である。
東松島市小野の災害公営住宅は、鉄筋コンクリート一部5階建て。
2LDK、3LDK計21戸が入居予定。
東松島市では、小野地区も含む市内5ヵ所の災害公営住宅254戸の入居が4月開始予定だという。

PICT0589

PICT0554

PICT0561

東松島の復興計画は以下。経済的な復興を10カ年で計画している。

復興まちづくり計画(ダイジェスト版) (PDF_4.4MB)

FPthumb01

Advertisements

Comments are closed.