Category Archives: 野蒜 Nobiru

野蒜周辺の空撮

仮設住宅上空

DSC01699

DSC01709

ロシア協会上空

DSC01717

DSC01727

被災地区

DSC01784

DSC01718

DSC01749

遠くに高台移転のための造成地や、
野蒜駅・野蒜中学校・野蒜小学校等が写っている。

復興への道のりは、まだまだ遠い。

Advertisements

東松島上空

自衛隊の協力のもと、東松島の現在の被災地状況や、
高台移転工事の進行状況などが判るよう、地域住民が案内された。
撮影は上北谷地仮設住宅にお住いの宮沢賢治さん。

登場風景1

登場風景2

上空2Kmの撮影。

被害の甚大だった野蒜地域
宮戸島と野蒜1

宮戸島と野蒜2
まだ、荒れ地が広がっている。

仮設住宅団地として使われている、響工業団地
響工業団地仮設住宅

市が避難所として指定した野蒜小学校が津波被害を受け、
急遽避難場所となった定林寺上空
野蒜定林寺付近1

大氾濫を起こした鳴瀬川と、その河口、大曲周辺
成瀬川2
大曲周辺2
未だに手がついていない。

新たに造成された施設も有る。

野蒜地区太陽発電システム
野蒜太陽光発電2

高台整地
野蒜高台整地
住民は、この整地が完成した後、仮設住宅から移転することになる。

まだまだ、先の見えない復興ではあるが、
少しずつ、道は開けている。

↓更に写真を見たい方はこちら
東松島上空2013.12.03

定林寺慰霊碑

東松島は野蒜地域にある、定林寺に慰霊碑が建てられた。
野蒜は津波に襲われた市の指定避難所(野蒜小学校)から、
さらに、高台にあり、
避難所の野蒜小学校で死者が出てからは、
この定林寺が、臨時の避難場所となった。

一時は、このお寺で100人以上の方が避難生活を送り、
仮設住宅への入居が始まってからは、
沢山の葬儀が執り行われた。

慰霊碑

慰霊碑 慰霊碑

慰霊碑

慰霊碑

被害に遭われた方々の、ご冥福をお祈りいたします。

高台移転説明会

先日、東松島市の高台移転に関する説明会が行われた。
各地域によって、入居時期等が異なり、
遅れて入居となる地域からは、順序の理由を訊ねる意見が出たそうだ。

※画像はクリックして拡大

説明会資料① 説明会資料②

説明会資料②

13041002

説明会資料④ 説明会資料⑤

説明会資料⑥ 説明会資料⑦

説明会資料⑧ 説明会資料⑨

新中学生

震災二年を過ぎた4月、
上下堤仮設住宅に、新中学生が誕生した。
新中学生

桜華中学の一年生だそうだ。
野蒜小学校]の様に、学校が災害時の避難場所になる地域としても、
重要な施設である。
以前にも紹介したが野蒜小学校は、
地域の避難場所として指定され、
そこに避難した方々が、
津波被害で亡くなるという、
非常に心苦しい事件が起こった。

東松島では、新年度に入って、
小中学校の統廃合も行われた。

FNN:東松島市で2校が統合し「鳴瀬桜華小学校」が開校(宮城2013/04/08)

それでも、春は楽しいイベントが目白押しだ。

庭には、鯉のぼりが飾られ、

鯉のぼり

ボランティア団体『七隈っ隊』から、
仮設団地の談話室に整理棚が贈られ、

整理棚

ディズニー旅行がプレゼントされた。

ディズニー旅行① ディズーニー旅行②

仮設住宅の自治会長、宮澤氏が
東松島の水産業復興のために試作する
牡蠣洗浄機の製作も、順調にすすんでいる。

牡蠣洗浄機

仮設住宅で暮らしてゆく

今年の冬はどこも豪雪で、このブログに情報を寄せて下さっている、
東松島は上下堤仮設住宅自治会長の宮澤さんも、
実感として、雪が多いと思っているようだ。

仙台管区気象台|降雪量

東松島の復興計画は、津波のこない高台への住宅地移設や、
防潮堤の建設、列車の整備等を含めて、五ヵ年計画を打ち出している。
早くとも後、3から4年は、この仮住まいで暮らす住民が多い。

応急仮設住宅での二年目の冬を迎えた住民たちにも、
長きに渡る集団生活と、将来の不安なども、
雪のように、高く積もっているのでは、ないか。

「国会議員が仮設に来る!」と、自治会長の宮澤氏が慌てていたのが、先月のこと。
石巻市出身の衆議院議員 安住淳氏は、
多忙な時間を割いては、仮設住宅を小まめに回り、
住民の不平不満などを訊いている。
そして、宮澤氏が住む上下堤にもいらっしゃったという。

CIMG4705

安住淳氏との対談1

CIMG4704

55棟ある応急仮設住宅の住民、20人が集まって、
安住氏に「不満や、何かして欲しいこと」を話し合ったという。

前回はプロレスラーの来訪を紹介したが、
こうした方々が訪れるのは、今でも大変に勇気づけられることだろう。

宮澤氏はこの地の名産だった養殖牡蠣やワカメ生産などを、
復興させるため、東奔西走されている。
が、牡蠣の殻を剥く機械を買う金を公庫から借りるなど、
決して、道のりは平坦ではないという。

昨年、牡蠣やワカメの価格設定表が送られてきた。
生産準備が整ったら、当サイトでも報告したい。

餅つき大会

昨年末、プロレスラーの方々が仮設住宅を回り、
餅つき大会を催したという。

餅つき大会①

CIMG4658

CIMG4657

皆さん、寒い冬を迎えても、
溌剌とした顔をなさっている。

CIMG4653

CIMG4652

抱かれている赤ちゃんは、
震災後に仮設で生まれた新たな生命だ。

今年で仮設二年目の冬を迎える。
春が来るのが、待ち遠しいところだ。

復興着手

去る10月25日。
東松島市復興まちずくり整備事業着手式が行われた。
復興へ事業着手宣言[三陸河北新報社]

これは、いわゆる「鍬入れ式」で、
震災から一年半以上。
ようやく、これから復興への本番となる。
着手式PDF

心配された路線工事も牛歩ではあるが進んでおり、
東北本線と仙石線がく接続し、直通運転へ
野蒜北部を皮切りに東松島、集団移転が始動した。

着手式には多くの地元の方々、報道陣が訪れ、
会場は賑わったという。

下記写真は、その時配布された資料の一部である。

資料1

資料2

資料3

資料4

しかし、津波被害の大きかった野蒜地区への高台移転は、
まだまだ、先のことである。
応急仮設住宅で暮らす方々は、長い冬を越すことになる。

女川のサンマ

宮城県は女川から、サンマが届いた。

女川港直送

女川は国内でも有数の水揚げ高を誇る、サンマの宝庫だが。
昨年は、震災の影響もあって、水揚げが落ち込んだ。
しかし、今年は上々の水揚げの様だ。

・『水揚げ震災前超え 宮城・女川魚市場「復興へ励み」』(河北新報)

上下堤地区に住む方が、
仮設の御土産市場に出向いた所、
大きさも太さも、申し分なかったので、
急遽、我々にも送ってくれたのだそうだ。

サンマ

刺身で食べれる鮮度ということで、
早速、解体して、生姜醤油で頂いた。

サンマ刺身

更に、丸々一本、塩焼きにしたり、
オリーブオイルで、洋風のアレンジをしたりと、

オリーブ焼き

サンマづくしを存分に、楽しむことが出来た。

地元、女川では震災前、
五艘あったサンマ漁船だが、今年は二艘で操業。
恒例の「おながわ秋刀魚祭り」も、
一週間遅れで、執り行われたそうだが、
復興のシンボルとなるサンマに、地元はわいたようだ。

未だ、数々の問題を抱える被災地だが、
一刻も早く、元の生活に戻れるよう、祈るばかりである。

追い炊き機能

東日本大震災後、仮設住宅の入居が始まって、
およそ一年が経とうとしている。
震災に遭った地域では、
収穫の秋が終わると共に、二度目の冬が、やって来る。

宮城県東松島市の仮設住宅では、
お風呂に、追い炊き機能が付いたのだそうだ。
今までの風呂釜を入れ替え、
追い炊き用の風呂釜が、設置されたのだそうだ。

給湯器

風呂桶

コントロールパネル

今年の冬は、沸かしたての風呂に入れる。
仮設住まいの方たちが、我が家の風呂に入れるのは、
いつになるだろうか。
まだ、先は見えないでいる。

追伸:仮設住宅という表現が、住んでいる人たちにとって、
悲しく感じる。と、いう話があった。
この上下堤では、仮設を“地区”と呼ぶことにしているという。
上下堤仮設住宅ではなく、上下堤地区。
これで、少しは地元に住む実感が湧いて来るのでは、
ないだろうか。