Category Archives: News

放射能と母子手帳

宮城県東松島市、上下堤応急仮設住宅の、
自治会長から、メールが届いた。
仮設住宅の、お隣さんが、妊娠された。
しかし、『母子手帳』と共に配布された冊子の内容を読んで、
心配しているという。

厚労省冊子1 厚労省冊子2 厚労省冊子3

厚労省冊子4 厚労省冊子5 厚労省冊子6

厚労省冊子7 厚労省冊子8

同様の物が、厚生労働省のホームページからダウンロード出来る。
妊娠中の方、小さなお子さんをもつお母さんの放射線へのご心配にお答えします。(PDF:1250KB)

また、厚労省は、報道発表も行なっている。
報道発表内容
4月7日付の発表なので、既にご存じの方も多いだろう。

放射能問題について、このサイトで詳しく言及することはしないが、
冊子の冒頭に書かれている様に、
過度な心配をしない」ことが一番、大切な様に思われる。
が、「安全だ」「問題ない」と羅列された資料を渡された妊婦が、
過度な心配を募らせるのでは?」と、逆に心配になってしまうのも事実である。

放射能の影響は、地域や場所等によっても、
大きく状況が変わる。
福島第一原発の北に位置し、黒潮の影響も多い、
東松島では、現状を不安視する住民も多いのではないか。
地域個別の対応が、望まれる所である。

昨日、東京電力が、事故当時のテレビ会議映像を一部公開した。
東電テレビ会議映像 原子炉冷却のための決死隊提案など明らかに(FNN)
しかし、全面公開されないコトや、P音等での映像音声加工もあり、
一部のメディアが、これを批判している。
「社員保護のため制限」=原発事故のテレビ会議映像-東電(時事通信社)
東電事故映像 条件付き情報公開は不信招く(8月7日付・読売社説)

こうした隠蔽体質が、今さら噴出している、この状況下で、
次世代の子を宿す、妊婦たちは何を信じれば良いのだろうか。

マジックショウ

台風4号:県内きょう接近 先月大雨、仮設浸水 被災者、募る不安
仮設住民ら「また避難か」 地盤沈下浸水の恐れ 台風4号


去る6月12日。
仮設団地の談話室にてマジックショウが行われた。
広島と仙台のYMCAが企画したモノで、
昨年の避難所時代から、被災地を回っておられるそうだ。

こうした、娯楽支援が後を絶たないのは、
普段、部屋に篭りきりの高齢者の方々には、
さぞ、憩いの時間となっただろう。

マジックショー

マジックは、とても本格的なモノで、
風船を飲んだり、フォークを粘土の様にクチャクチャに曲げたり、
近くで見ても、種が判らなかったそうだ。

マジックの様子

マジックの様子

こうした、娯楽支援と並行して、
進まねばならないのは、地域の復興、雇用の復興だが、
これについては、まだまだ時間が掛かりそうだ。

集合写真

6月20日に東北に接近した台風4号は、
その被害こそ少なかったが、
津波で防潮堤が破壊された地域は、
満潮も重なり、浸水被害が後を絶たない。

一日も早い復興が、待たれるところである。

復興へ!

東日本大震災で亡くなった全ての方に
謹んで哀悼の意を表するとともに
ご冥福をお祈り申しあげます

ワカメ収穫

復興プロジェクト 東松島ワカメ

ひな人形

東松島の上下堤仮設住宅から、写真が届いた。

ひな人形 ひな人形

被災地に贈られたひな人形が、現地でたらい回しになっていたのを、
引き取って、組み立てたのだという。

ひな人形を、被災地に贈る支援は各地で起こっている。

・[被災地にひな人形 中野の商店街がプロジェクト
・[ひな人形、被災地に送る 山梨の男性
・[ミニひな人形「シェルびな」、被災地へ

非常に、心の籠もった支援である。
しかし、仮設住宅は狭く、また、それを管理する制度も、
整っていないのが、現状ではないだろうか。

上下堤の仮設住宅は、55戸と比較的小さな団地で、
自治会長も、談話室の解放や、
空室の別利用など、積極的に提案し、活動している。
ある種の、モデル団地として考えて良い。

大きな仮設団地では、こうした動きが自主的に形成されるのが、
難しい環境にある。
市や県が介入し、仮設団地の自治会整備に当たることは、
震災一年を前に、急務ではないだろうか。

ともあれ、ひな壇の前に座る少女の顔は、
幾らか、晴れやかに見える。
春を、心待ちにする少女たちに、
ひな人形が、明るい灯火を点したに違いない。

明るい、桃の節句を迎えて欲しいものだ。

住宅再建問題

本日、2月10日。復興庁が誕生した。
2012.2.10 REUTER[被災地再生へ復興庁がスタート
復興庁HP 野田総理の動き(日本政府)

なぜ、今更。という感は否めない。
菅内閣退陣、野田内閣発足という政局の混乱が、
国の対策を遅らせたことも、一因であろう。

それに先駆けて、東松島では、
住宅再建への説明会が行われた。
以前、[津波の爪痕]で紹介した宮澤邸は、
土地評価額の1.2倍となったそうだ。
約1000平米の土地が、市街化調整区域という事もあり700万円まで、
届かない計算になるそうだ。

住民の足となる仙石線も、
2015年度中に全線復旧との報道は流れたものの、
2012.2.06[JR仙石線は2015年度中に全線復旧](日経BP)
津波被害が甚大だった矢本―野蒜間は、500mの高台移転が予定されており、
それまで、その地域に住む人々は、電車のない不自由を強いられる。
・[要望書-住民の足

莫大な資金を投じての復興事業になるが、
住民にとっては、住宅再建以上に、生活再建が急務である。
東松島市は、国の「環境未来都市」構想のモデル地域に選定されており、
「地域住民を置き去りにした、復興事業に取り掛かっている」と、いう声もある。

以下に、住宅再建に関する配布資料を添付した。
住宅再建

住宅再建 住宅再建 住宅再建

被災された方々が、最も望んでいるのは、
生活再建、つまり仕事の安定だろう。
去る2月6日、気仙沼では「三陸わかめ」の収穫が始まった。
テレ朝News[【震災】気仙沼で“ワカメ漁”再開 全国出荷へ

東松島でも、わかめの栽培、収穫に追われている。
これが、生活再建、復興の狼煙になるに違いない。

松島湾の復興][帰りたい風景

被災地のクリスマス

東松島市:復興計画
※復興関連のトピックは、上記に移行されました。

・募 集『仮設住宅ネーミング募集!
・支援案『仮設住宅、談話室にDVDを贈ろう!


◇被災地のクリスマス
12.27[被災地にメッセージ クリスマスカード、沖縄市の子ら
12.26[クリスマスに被災地へ笑顔とプレゼントを届ける
12.25[中田英寿、被災地にクリスマスプレゼント「楽しみの共有が大事」
12.24[被災地思う聖夜 東北の子らにプレゼント…「絆」イベント多数

12月24、25日、被災各地でクリスマスイベントが行われた。
福島県いわき市では、30キロ圏内から避難されてる方に、
「復興市」と名付けられた、クリスマスバザーが催されたようだ。

パオ広場Blog 『復興市を開催しました。
もの凄い数のサンタが訪れていた。

以前、パオ広場に贈られたアニメグッズに続いて、
パオ広場
パオ広場Blogより

クリスマス・イヴには東松島上下堤応急仮設住宅に、
某アニメのDVDが届いたとのことだ。
中には、(珍)怪盗キッドの謎解きカード入り。

回答者10人の中で、謎解きが解けた子には、
更にプレゼントがあったとのことだ。
「楽しい一日でした」と、連絡を頂いた。

上下堤

『種花 TANEHANA』では、
仮設住宅、談話室にDVDを贈ろう!
という、試みを提案している。

東北の冬は寒い。
また、不慣れな土地での越冬は、
コミュニケーションも不可欠になる。
子供たちが、談話室に集まり、お年寄りが集まり、
長屋のような付き合いが出来れば、
懸念されていた、「孤独死問題」なども、回避出来る。
また、特定仮設住宅を本拠地にして、
他の仮設住宅とも、作品を通じた交流が出来れば、
一度は、津波で瓦解したコミュニケーションも、
再び、再生に向かうに違いない。

上下堤仮設住宅は、55戸と小規模ながら、
自治会が、活発に機能している。
住民が率先して、エレクトーン教室やパソコン教室を開催したり、
空室をゲストルームにして、
ボランティア団体等の、宿泊施設として利用して貰っていらしい。

こうした自治機能が充実してくると、
住民たちにも活気が溢れる。
松島湾のワカメ販売プロジェクト
が、稼働しているとのことで、
出荷の春までに、何か形になると、
経済自体も循環して、本当の意味での、
復興の第一歩が、生まれるに違いない。

目下、
「此処の上下堤自治区と仲が良く成れば成るほど
自治区から仮設住宅と呼ぶのが辛いので
何か良いネーミング考えてくれと言われ、
同様に何か良いネーミング在りましたらそれも宜しくです」
と、依頼を受けている。

左記にて、募集中 ◇仮設住宅ネーミング募集!
寒い冬を、温かい気持ちで、乗り越えて欲しいモノだ。

仮設住宅の防寒工事

News 仮設住宅

防寒工事の遅れが指摘されていた宮城県でも、
一部の地域で、工事が佳境に入っている。

 詳細[防寒対策予定表(東松島市)]

第一期工事として、外壁断熱工事が施工され、
現在は、第二期として、風除室設置工事が、まもなく終了しようとしている。

二重サッシ
※二重サッシ 結露防止、断熱、防音に効果がある

風除室1 風除室2
※風除室 屋外の冷気や暖気の流入を妨げ、屋内の室温を保つ

更に、追加工事として、給気口工事が予定されている。
給気口は、暖房による一酸化炭素中毒を防ぐ効果を期待してのモノだが、
寒気が流入する可能性もあり、総合的な効果の程は、
工事が完了しないと、判らないと言った所だろう。

これから、新年に向けて、
仮設住宅に帰省する人たちも多いと思われる。
住居は、住民数によって、広さが別けられている為、
・[仮設住宅の間取り
帰省客が、寝泊まりすることが出来ないことが懸念される。
上北谷地の仮設住宅では、
「空室をゲストルームとして、提供できないか」と、
東松島市に要望しているが、
県の方針で、仮設住宅を運営している為、
容易では、ないらしい。

宮城県の臨機応変な対応が、望まれるところだ。
※提案書『仮設住宅の空き部屋有効利用』 が、宮城県知事に提出されました。

上北谷地仮設住宅は、小規模団地の為、工事の進捗が早いが、
未だ、防寒工事が終了していない地域もある。
更に、
東海新報社[大船渡市の仮設住宅、止まらない入居希望者
で、報じられている様に、未だ仮設住宅への入居が叶わない方たちも居る。

11月26日、岩手県大船渡市の気温は最低3°C、最高8°Cの予報。
宮城県東松島市では、最低4°C、最高9°Cの予報で、
気温は日増しに、低下している。

仮設住宅の越冬準備は、まだまだ整備が必要な状況だ。

SINCE311 被災地の軌跡 仮設住宅

仮設住宅の越冬準備

News 仮設住宅

東松島では、仮設住宅の越冬準備が始まっている。
市の対策として施工される、外壁断熱工事や、
風除けの為の、サッシや網戸の設置、暖房便座の取り付けが、
行われている。[防寒対策予定表(東松島市)

断熱工事 断熱工事 断熱工事

この地域では例年、初雪が11月下旬頃に観測され、
積雪を伴う降雪は、12月下旬以降となる。
仙台平野が、太平洋に向けて広がり、
海洋性気候で沿岸部は比較的、積雪が少ないようだ。
・Wikipedia [仙台の気候

日本気象協会のアメダスによると、
11月7日の気温は最高15.3℃、最低12.2℃と割合高く、
気温の上では、越冬対策は、これからが本番といえる。
・tenki.jp [東松島のアメダス

仮設住宅には、最低限の暖房設備があるが、
現在、量販店などでは、仮設住宅に住んでいる方々の、
暖房器具の新調が、盛んなようだ。
11月3日付の日経新聞によると、コタツが昨年の2.7倍、
コタツ布団が7倍の売上を記録しているという。[記事

また、結露による被害が出ないよう、周知がされている為、
厚手の部屋着や、「着る毛布」の売れ行きが好調なのだという。

上北谷地の仮設住宅から、談話室の写真が届いた。
仮設住宅への支援]で紹介したよりも、
内容が、更に充実している。
この場所が、子供たちの遊び場になり、
お年寄りの憩いの場となれば、懸念される[孤独死問題]は、
大分、軽減されるだろう。

2011年3月11日。この地方は、雪が降っていた。
津波に呑まれ、凍死した方も多かった。
初雪が振ると、このトラウマが蘇るという方もいる。
本当の越冬準備は“心”への温もりなのかも知れない。

仮設住宅の課題

2011年10月11日 被災地の仮設住宅では14時48分 各地で黙祷が捧げられた。
・NHK [震災7か月 仮設住宅で黙とう
一方で、
・時事通信[不明者なお3923人=仮設住宅98%完成
と、いう厳しい現実も明らかになった。

また、同宮城県石巻市では、東松島市から一ヶ月遅れて、
最後の避難所が、閉鎖となった。
・産経新聞[石巻市で避難所閉鎖へ 最大時5万人が利用
被災地は、間もなく訪れる冬に向けて、慌ただしく準備を進めている。

最後に仮設住宅を訪れたのは、9月初旬。
まだ、残暑厳しい最中のことであった。

ひびき工業団地 SLIDESHOW
ひびき工業団地
上北谷地仮設住宅 上北谷地仮設住宅
上北谷地仮設住宅

かつて、阪神淡路大震災や、新潟中越地震で経験したように、
仮設住宅で、一番の課題となっているのは、
「孤独死」の問題だ。[仮設住宅の生活
無論、それだけでは無い。
一般家庭が遭遇する、騒音問題や隣人同士の軋轢など、
小さなイサカイも必ず起こる。
こうした現状には、警察が細心の注意を払って、
各仮設住宅を巡回している。
我々が、現地に行った際には、沖縄県警のパトカーと遭遇するなど、
警察は未だ、多くの人員を割いて、被災地の治安維持に当たっていた。

こうした問題の解決には、被災によって崩壊した、
地域コミュニティーの再建が、不可欠となる。
全く知らない者同士が突然、トタン一枚隔てた団地に済むのである。
互いに、よりよい生活の工夫が、必要だろう。

もう一つ、仮設住宅には、冬に向けての大きな課題がある。
それは、寒さ対策。越冬準備である。
仮設住宅の設備は、各自治体によって、様々なようだ。
宮城県の対策が不十分だとの報道も、一部にはある。

・毎日新聞[仮設の冬、不安抱え 寒さ対策、後手

被災地に家族や知人の居る方々は、
当然、防寒対策の支援を、お考えであろう。
しかし、幾つかの注意点があるようだ。

仮設住宅の壁は30mmウレタンの断熱材があるのみで、
結露を生みやすく、「化石燃料ストーブの支援は不可」と、
現地には、通達されているらしい。

以下は、自治体が配布した、防寒対策の告知である。

防寒チラシ1 防寒チラシ2

また、厚生労働省も、被災地の防寒具配布に乗り出している。

・朝日新聞[仮設住宅の石油ストーブ・こたつに補助 厚労省

震災直後も経験したことだが、
被災地のニーズと、支援者の意図はには少なからず、齟齬が生まれる。
今後、仮設住宅の越冬について、細やかな情報を、発信して行く。

SINCE311 仮設住宅 仮設住宅の生活

要望書-住民の足

News 仙石線

宮城県東松島市の避難所が閉鎖されて、一ヶ月。
仮設住宅での暮らしも、少しずつではあるが、形になり始めている。
しかし、そこで枷となっているのは、住民の“足”である。
地元の欠かせない“足”である仙石線の被害については、前述の通りである[仙石線

仙石線

地元では、仙石線の不通区間において、様々な問題が、噴出している。
そこで、地域一丸となって、要望書を集めているという。
特に、問題となっているのは、

・不通区間の運行バスの本数が少ない
・バスに乗車制限があり、非効率である
・通勤に自家用車を使う人が増え、渋滞が慢性化している

通常、1時間程度で済む石巻-仙台間を、
2時間以上掛けて、通学している学生もいるという。

仙石線[高城町-矢本]運転見合わせ詳細(JR東日本)
仙石線<松島海岸~矢本間>代行バス時刻表(JR東日本)

以下に、住民が集めている要望書を添付した。

JR仙石線の現況路線仮復旧による早期運行再開に対する要望書

要望書表紙要望書本文
Clickで拡大

内容を読めば判るが、復興の兆しがあるといえど、
未だ、被災地はインフラすら復旧していないのが、現状である。

仙石線周辺地図
あおば通-石巻

仙石線路線図

仙石線路線図 高城町-矢本 間にて不通

間もなく、被災地は冬を迎える。
車を流された被災者や、運転できない高齢者にとって、
仙石線不通の影響は、余りに大きい。
一刻も早い、復旧が求められている。

しかし、10月1日に地元自治会とJRが合意した、
仙石線 野蒜駅・東名駅 移設案の完成は、
三年以上かかると、見られている。