Tag Archives: かき養殖

仮設住宅で暮らしてゆく

今年の冬はどこも豪雪で、このブログに情報を寄せて下さっている、
東松島は上下堤仮設住宅自治会長の宮澤さんも、
実感として、雪が多いと思っているようだ。

仙台管区気象台|降雪量

東松島の復興計画は、津波のこない高台への住宅地移設や、
防潮堤の建設、列車の整備等を含めて、五ヵ年計画を打ち出している。
早くとも後、3から4年は、この仮住まいで暮らす住民が多い。

応急仮設住宅での二年目の冬を迎えた住民たちにも、
長きに渡る集団生活と、将来の不安なども、
雪のように、高く積もっているのでは、ないか。

「国会議員が仮設に来る!」と、自治会長の宮澤氏が慌てていたのが、先月のこと。
石巻市出身の衆議院議員 安住淳氏は、
多忙な時間を割いては、仮設住宅を小まめに回り、
住民の不平不満などを訊いている。
そして、宮澤氏が住む上下堤にもいらっしゃったという。

CIMG4705

安住淳氏との対談1

CIMG4704

55棟ある応急仮設住宅の住民、20人が集まって、
安住氏に「不満や、何かして欲しいこと」を話し合ったという。

前回はプロレスラーの来訪を紹介したが、
こうした方々が訪れるのは、今でも大変に勇気づけられることだろう。

宮澤氏はこの地の名産だった養殖牡蠣やワカメ生産などを、
復興させるため、東奔西走されている。
が、牡蠣の殻を剥く機械を買う金を公庫から借りるなど、
決して、道のりは平坦ではないという。

昨年、牡蠣やワカメの価格設定表が送られてきた。
生産準備が整ったら、当サイトでも報告したい。

帰りたい風景

News 松島湾][English

尾形さんが撮影した松島湾

宮城県東松島市ひびき工業団地仮設住宅に入居している、
漁師の尾形さんから、お渡ししていたカメラが届いた。
丁度、お盆の頃だったが、体調を崩されていて、
「郵送が遅くなってしまった」と、手紙が添えられていた。

写真は、一見すると美しい松島湾の風景に見える。
尾形さんから送られてきた写真のほとんどは、
海の写真だった。
無残に積み上げられた瓦礫の山ではなく、
穏やかな海。
そこに、尾形さんは何を見、感じたのだろうか。

種花ALBUM

松島湾は、かきの養殖で有名な地域である。[松島湾の復興
尾形さんは、かき養殖を生業としている。
かきは、ホタテの殻に稚貝をつけ、竿が立てられた養殖場で育てられる。
その養殖場一帯が、津波で全壊した。今年は全く漁が出来ないという。

その修復作業の写真を、前回うがった時に、拝借してきた。

流された記録

「帰りたい風景」それは、帰れない風景なのかも知れない。
しかし、海は刻一刻と姿を変え、育って行く。
来年、尾形さんが育てた、美味いかきが喰えるに違いない。