Tag Archives: 四倉

四倉の大地

[English]

Fukushima は今や、世界の公用語になった。

炊き出し隊に同行して、福島県いわき市四倉町を訪れたのが、
震災から二ヶ月後の5月15日。
海岸沿いの住宅地には、まだ津波の爪痕が残っていた。

津波で倒壊した家屋1 津波で倒壊した家屋2 津波で倒壊した家屋3

田畑は海水に侵され、今も放射能が堆積し続けている。
当時、いわき市の避難所は、統廃合が進められていた。
しかし、工業高校の某避難所には、50名近くの方々が、まだ避難中で、
今後の見通しも、立たない様子であった。
現在。福島県でも、仮設住宅の建設・入居が行われているが、
未だ、終息の片鱗も見せない原発事故の被害を前に、
彼らは、何を拠り所に、希望を見出せば良いのだろうか。

四倉高校避難所のグランドでは、高校球児たちが、
大きな声を出して、練習に励んでいた。
そのグランドの内野は、土が入れ替えられている。

土が入れ替えられた、野球グランド。 練習を終えた高校球児たち 鯉幟

Fukushima は、放射能汚染による現在進行形の被災地である。
この地を、希望の光が照らしたとき、
日本の、真の復興は始まるのではないだろうか。

四倉

Advertisements