Tag Archives: 魚市場

気仙沼魚市場の再開

去る6月23日、気仙沼魚市場が再開した。
かつて、気仙沼港は生カツオの水揚げ全国一を誇っていた。
宮城県や気仙沼市、漁業協組は、例年6月中旬に始まるカツオの水揚げを目標に、
地盤沈下した岸壁整備や水揚げ設備の復旧を進めてきたという。

気仙沼の被害は甚大だった。
地震、津波被害のみならず、
広範囲での火災がメディアで大きく報道された。
深夜、燃え広がる火災映像は、まるで地獄絵図のようであった。

 
だが、被害は、それだけでは無かった。
国土地理院の調査の結果、この地殻変動により76cm の、
著しい地盤沈下があると判った。
地殻変動が、気仙沼湾海底を最大10m 削ったとする調査結果も発表されている。

気仙沼の主産業は漁業。
特にカツオ、マグロ、サンマ漁が盛んである。[気仙沼の漁種
しかし、漁港が壊滅的な被害を受け、復旧は前途多難と思われた。
それから、三ヶ月。関係各所のたゆまぬ努力で、
6月18日、漁協が魚市場の再開を発表する。

・産経新聞[気仙沼の魚市場は23日再開

幸い、カツオの漁場は、6月中旬の時点で、
房総半島の南南東約350キロの八丈島付近にあり、北上は遅れ気味だった。
魚市場の再開は、まさに希望の光であっただろう。
カツオ漁の復旧に賭ける、地元住民たちの様子が記事に残っている。

・産経新聞[明日へ(上)][明日へ(中)

魚市場再開は、決して順風満帆ではなかった。
冷蔵、冷凍、加工などの施設がほとんど失われているため、
加工用になる冷凍カツオについては、水揚げを見合わせ、生カツオのみを扱った。
その取扱量も当面、50トンまで。徐々に増やして300トンにすることを目指した。

写真は、7月18日。漁再開から三週間後に撮影された、市場の様子である。

気仙沼魚市場再開 SLIDESHOW

写真には、漁業の本格再開に向けて助走する、
躍動感あふれる人々が、写されている。

しかし、カツオの水揚高は例年の6分の1と、まだ少なく、
本格再開には、時間がかかりそうだ。

気仙沼市魚市場統計資料
平成23年水揚高

出典:気仙沼漁業協同組合

 
現在、気仙沼では、サンマ漁が始まっている。
9月18日 『目黒サンマ祭り』では、気仙沼から「復興サンマ」5,000匹が届けられ、
復興の狼煙(のろし)を、上げた。


 
・東京新聞[目黒のさんま祭 気仙沼市民が振る舞う

気仙沼は、漁業の本格再開に向けて、
着実に、歩み始めている。

Advertisements